エピレーシック解説サイト

エピレーシック手術とは?

エピレーシック手術は近年注目されています。視力の回復をしたいと、メガネをかけたりコンタクトレンズをつけて生活をしているという方も多いことでしょう。また、近年技術の進歩で失明の確率が大きく下がった視力矯正の手術をする眼科が増えてきています。その一種として注目されているのが「エピレーシック手術」です。これはどのような手術なのでしょうか。

 

エピレーシック手術はまず非常に薄い角膜の上の皮を使って薄いふたを作っていきます。使用するのはエピケラトームと呼ばれる器機で、薄いふたのことを「フラップ」と呼んでいます。次にエキシマレーザーというレーザーを照射していきます。照射によって近視や遠視、乱視を矯正していきます。これで手術を行っていきます。フラップはレーザーの照射によって剥がれ落ちていきます。そして新しい角膜が生まれてくるのです。ここがレーシック手術と違ってきます。強く目に衝撃がかかりますが、フラップがずれることがないので、失敗する確率が少ないのです。手術の方式はフラップを作らないPRK手術やアルコールを使ってフラップを作っていくラセック手術と同じ分類に入ります。視力の回復には効果的でしょう。

 

この手術は色々なメリットがあります。まず先述のとおり強い衝撃や打撃が目に来ません。そしてフラップもずれることがありません。また、PRK手術と比べると視力の回復が早く、手術後も急激に視力が落ちることがありません。そしてフラップを作成する際にアルコールなど刺激物や薬品を使いません。目にダメージを与えるものが少なく、角膜への負担が少ないのも利点です。反面、デメリットもあります。レーシック手術同様、手術を終えたあとは少し痛みが残ります。長いと1週間くらい痛みが残ってしまいます。保護用のコンタクトレンズは必須になります。また表面をレーザー照射して治療を行いますので、角膜が澱んでしまうことがあります。こうなると視界がぼやけてしまうことが多くなります。そしてエキシマレーザーによってコントラストが低下してしまったり、まぶしい光を見た時に視界がぼやけてしまうハロ・グレア現象が起こります。リスクも把握して手術に臨むようにしましょう。

 

エピレーシックの安全性や失敗についてはエピレーシックまるわかりを参照下さい。